2014年 4月
S M T W T F S
   
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
     

2014年 5月
S M T W T F S
       
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

2014年5月19日(月)は
休館となります。



営業時間: 11:00〜21:00

Tel : 03-3599-0601



お台場メガウェブ・ヒストリーガレージにある『ミニカーショップ・グリース』のホームページ

【NEWS !!】新通路「スパイラルウォーク」の新設により、MEGA WEBヒストリーガレージへ直接アクセス!

2014.4/21(月) 更新


Nissan 180SX Type X 1994 (Super Black)
  
Hi-story 1/43
Item#HS079BK
\7,760.

Chevrolet Corvette Stingray ZR1 1969 (Black)
  
LG55 1/24
Item#96891BK
\5,184.

2014.4/21(月)更新

2014.4/3(木)更新
 

2014.01.17 更新
2014年2月予定

Toyota Century (1/43)

Kyosho \5,460.
日本の最高級・VIPカー。
・・・その他の情報をみる


 2014.4/24(木) 更新

小林彰太郎フォトアーカイヴ展『昭和の日本 自動車見聞録』

日時 : 2014年4月26日(土)〜8月31日(日) 11:00〜21:00

場所 : ヒストリーガレージ2階 (入場料無料)

URL  : http://www.megaweb.gr.jp/article/kobayashi_photoarch/
 世界的に著名な自動車ジャーナリスト小林彰太郎氏が60数年にわたって収集・撮影した中から、戦前の東京路上で撮影された写真を約500店展示します。車そのものだけでなく、路上風景や背景など、昭和初期の日本環境や風俗も見ることができます。
小林氏の写真コレクションにしか存在しない貴重な歴史的写真も数多くあります。

GR 86/BRZ Race 86同乗試乗会

日時 : 2014年5月4日(日)

場所 : トヨタ シティショウウケース 1F ライドワンコース (参加無料)

URL  : http://www.megaweb.gr.jp/article/86_brz/
 86ワンメイクレースに参戦しているドライバーと同乗試乗できる!


2014.4.15 更新
次世代自動車2014:常識破る技術と経営
: 日経BP
価格: 16,200円(税込み)

円安の影響で日本の自動車メーカーは空前の決算を発表しました。 しかし、今後とも好調を続けるには自ら動かなくてはなりません。 需要の新興国シフト、自動運転、電動化に向けた開発競争に打ち勝つ必要があります。 さらに、こうした変化をチャンスと見て参入してくるアップル、グーグルなどのIT企業と、日本電産などの電機・電子部品メーカーによってサプライチェーンの勢力図も変わりつつあります。 これまでの常識に縛られていては、自動車メーカーは生き残れない状況にあるのです。
本書では、・・・

・・・その他の書籍

2013.4.24更新
A French Touch of Class:Les ateliers de carrosserie francais 1930-1960

言語:フランス語
出版:Nicolas Chaudun
著者:Serge Bellu

「Automobile Year」の編集者としても知られ、数多くの自動車書籍を発行する「Serge Bellu」氏が昨年秋に発行した「A French Touch of Class」。 彼曰く、「Artの世界はなぜクルマを無視する・・・」。 クルマのなかにも芸術性に優れたものは数多く存在し、他のアート作品と一緒に展示されるべきではないか・・・と思っているようだ。 確かに本書に掲載されたクルマたちは・・・
・・・続きを読む


2014.4.23 更新
第52回:タグボート/スクラッチモデル/全長360mm(1/45)
今回のタグボートは、ある骨董市でみかけたブリキ製のタグボートに触発されて作ったもの。 そのブリキのタグボートは、かっての日本製のなかなか味わい深い雰囲気のものだった。 わたしのなかでイメージを作り、パソコンでタグボートの画像を検索しながら、プロトタイプをクラシックな蒸気船タイプに求め、キャビンを半円形にして、ラフな図面を起こしてみた。 
スケールはミニカーにあわせ、おおよそ1/43に設定。 船底は作らずウォーターラインとしてB3の木製パネルをベースにした。 船体とキャビンは工作用のボール紙、キャビンの屋根はバルサで削り出した。 このタグボートの工作の楽しみはいろいろな部品に何を使うか。 今までたまった雑多なプラモデルの部品や身の回りの品々、さらには百均ショップを見てまわり、使えそうなものをさがしてみた。 煙突はサランラップの芯
・・・
グリース店長

 
Copyright(C) 2009 Hokuto International LTD. All Rights Reserved.